「猫に牛乳はNG」は間違いだった!正しいミルクの飲ませ方とは?

投稿日:

150116-0010

昔は猫に牛乳を飲ませている飼い主が多くいました。しかし、最近になって「実はあまり飲ませない方が良いらしい」なんて声が聞かれるようになったので大変です。

実際にはどちらが良いのでしょうか?頭を悩ませている飼い主もいることでしょう。牛乳は栄養食品なので、正しく飲ませれば問題がないばかりか、体には良いはずです。

今回は、猫に牛乳を与える時の正しい飲ませ方をご紹介します。

 

キャットフードと牛乳を同時に摂取すると◯◯の原因になる?

150116-0012

栄養面から見ると、牛乳はたんぱく質・ビタミンA・カリウムなどが豊富に含まれている理想的な飲み物です。人にとってはもちろん、猫にとっても良い栄養になるので、昔は牛乳で育てるのが一般的でした。

しかし、近年では「牛乳とキャットフードを同時に与えると肥満になりやすい」と考えられています。なぜなら、最近のキャットフードは栄養豊富でカロリーも高くなっているので、牛乳と一緒に摂取すると肥満の原因になるからです。

さらに、高齢の猫においては、牛乳に含まれるナトリウムイオンという物質が心臓に負担を与えるとも…。

とはいえ、牛よりも猫の乳の方が栄養豊富で、子猫の頃から牛乳だけだと発育不足になる懸念もあります。

牛乳を与える場合には、250ccあたり卵黄1個とティースプーン4杯分の砂糖を入れてあげると栄養価がアップするのでおすすめです。

 

猫も牛乳を飲むとお腹を壊す?

150116-0011

人間と同じように猫も牛乳を飲むと下痢をします。しかし、すべての猫がそうなるわけではありません。人間と同様、牛乳に弱い体質の猫がいるというわけです。

これは、乳糖を分解する「ラクターゼ」が体内で不足している場合に発生すると言われています。日本人は遺伝子的に「ラクターゼ」が少ないと考えられており、お腹を壊しやすいようです。

しかし、お腹を壊すから猫に飲ませてはいけないというのは短絡的な考えではないでしょうか?牛乳は栄養豊富なので、健康のために欠かせない食事とも考えられます。最初は大さじ2杯程度の牛乳を飲ませてみて、便の様子を見てみましょう。

それで問題がなければ、その後は少しずつ与える量を増やしていくのがベストな飲ませ方です。

 

猫におすすめの牛乳とは?


150116-0014

もし少量の牛乳でも下痢になってしまう場合はどうすれば良いのでしょうか?そんな時は、牛乳と同じような成分が入っている食品を与えてみてください。代表的なものが「チーズ」です。

チーズはすべての乳糖が最初から分解されているので、体内で「ラクターゼ」が不足していたとしても下痢になる心配がありません。乳製品なので栄養価が高く、一口サイズにちぎって食べさせると良いでしょう。

また、猫専用の牛乳という選択肢もあります。こちらは乳糖が入っていないので、お腹を壊す危険性がないのが魅力。水分不足による肝臓疾患を予防する意味でも注目されています。

「猫に牛乳を飲ませない方が良い」というのは、下痢や肥満を起こしやすい体質の猫にのみ当てはまる考え方です。すべての猫に言えることではないので、そこだけは忘れないようにしてください。

人間と同じく猫にもさまざまな体質があるので、タイプや好みに合わせて与えていきましょう。

他にこんな記事も読まれています

-ペット

Copyright© Nanaコレまとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.