ハムスターの冬眠か死亡かを見分けるにはどうすればいいの?

150123-0014

野生のハムスターは、冬になり温度調節をすることができなくなると冬眠をします。体温を5℃ぐらいにまで低下させて、生命維持に必要最低限の状態を作り上げているのです。

しかしながら、人間に飼育されているハムスターは、外で生活をしている訳ではないので冬眠はしません。

ただ、それも条件によっては変化する場合もありますので、部屋の温度は一定に保っておく必要があるようです。

 

「擬似冬眠」が原因で死亡する可能性も!

150123-0016

室内温度が急激に低下するなどの「異常」になると本能として「擬似冬眠」をします。これは非常に特殊なケースであり、そしてハムスターにとって危険な状況です。

野生での冬眠とは違い、季節的な変化(じわりじわりと寒くなる)とは無縁の室内飼いですから、体の準備が出来ていません。擬似冬眠をすると心臓への負担が大きくなりそれが原因で永眠というのも考えられるのです。

気温の変化としては、室温が10℃を下回ると、ハムスターにとっては命の危機を迎えます。そして5℃を下回るようですと、ほとんどが擬似冬眠にかかると言われているのです。

ハムスターは一定の体温を維持するために、かなりのエネルギーを使用しますので、部屋の温度は最低でも20℃を超えるような状態にしておく必要があるでしょう。

部屋には必ず温度計を設置して、どの程度の温度なのかを把握するのがベストです。

 

死亡しているか擬似冬眠かの判断方法

150123-0017

ハムスターが擬似冬眠すると、死亡した時となんら変わらないような状況になります。

普段は体温が37℃もあるのですが、それが5℃ぐらいにまで変化するので触るとかなり冷たいと感じるでしょう。

飼い主によっては、いきなり死亡したと判断してしまうかもしれません。ただ、もし死亡している場合には、あたたかい部屋に数時間おいておいたら死臭がヒドくなります。

この場合は、においはいつもと変わらない(死んでいるわけではないので)ので、簡単に違いを見分けることができるでしょう。

 

ハムスターは野生の状態以外では冬眠しない

150123-0015

室内で硬直して発見された時は、死亡したのか、それとも擬似冬眠なのかが判断できません。その時は、体をすぐに温めて様子を見てみるのがベストです。

その際に、ドライヤーがストーブなどを利用して、急激に温めることはしないでください。心臓に負担がかかり、そのまま永眠してしまう可能性が高いので。

タオルにくるんで、カイロの上やこたつの端っこの方の中に入れてあげるなどしてみましょう。

少しずつ体を温めていくような環境にしてあげると、心臓の負担は軽減されるので目を覚ますのに苦労はしないのです。

体を温めたならば、数時間以内には硬直が解除されて、動かせるようになります。動く姿が確認できたならば、白湯にハチミツをすこしいれたものを飲ませて体力回復を図ってください。

ハムスターは、野生の状態では冬眠しますが、飼育されている場合には基本的にしません。

ただ、飼育している環境が悪いと、場合によっては擬似的に冬眠をしてしまいます。

習性を理解してあげ、体に負担のかかる擬似冬眠をさせないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ