その頭痛の原因…ストレスかも!?緊張性頭痛の可能性も

150305-0027

実は多くの人が抱えている慢性的な頭痛。そのうち7割がストレスが原因で起こるものと言われています。

 

一番多い緊張性頭痛はストレスが原因!

頭痛持ちの7割が悩んでいる緊張性頭痛というものがあります。

これは、身体的あるいは精神的なストレスにより起こる頭痛のことです。

 

緊張性頭痛の痛み方

150305-0028

頭が締め付けられるような鈍い痛みが持続します。頭全体、後頭部から首筋がよく痛む箇所です。

また、痛みの他にふわふわしためまい、肩こり・首こりが伴うことがあります。

 

身体的ストレスが原因の頭痛

無理な姿勢を続けていたり、パソコン作業などの目の酷使、長時間の運転などで血行が悪くなり、筋肉に疲労物質がたまって周囲の神経を刺激すると頭に痛みが生じることがあります。

これは、血行不良が肩や首の筋肉を強ばらせることで起こるものです。

長時間のデスクワークや、合わない枕も要因になり得ます。

 

精神的ストレスが原因の頭痛

150305-0029

心配・不安なことや悩みを抱えていると、自律神経が乱れて血行不良を起こすことがあります。

それが肩こりや首こりを伴った頭痛を引き起こす要因に。

また、筋肉の緊張がないのに頭が痛むことも。

これは、精神的ストレスが神経を長期的に強ばらせ、脳にある「痛みの調整」を行う部位が正常に機能しなくなることが原因です。

脳内で血行不良が起き、ふわふわしためまいを伴うこともあります。

 

辛い頭痛、少しでも和らげたい・・・

緊張性頭痛を和らげるには、まずは患部を温めて血行を良くすると良いでしょう。

筋肉の緊張がほぐれるので、痛みが治まってきます。

シャワーで患部にお湯を当てて温めたり、お風呂上がり後のストレッチで血行を促進させましょう。

身体的・精神的ストレスどちらにも共通するのは、ストレスの解消が一番効果的ということ。ただし、今すぐ解消できるものでなければ、心身共にできるだけリラックスすることが重要です。

リラックスするには、ゆっくり湯船に浸かって温まったり、アロマの香りをかぐのが適しています。リラックスできる香りはラベンダー、鎮痛作用が期待できるのはカモミールやローズマリーの香りです。

痛みを防ぐには、こまめに体(特に肩と首)を動かしたり、適切な水分補給と空気の入れ換え(部屋の換気)をきちんと行うこと。

 

頭痛が酷い時は迷わず受診を!

150105-0021

上記の痛み解消方法を続けていても一向に良くならない、さらに痛みが増したなどの症状があれば、すぐに病院を受診することをおすすめします。

脳神経外科でCTやMRIなどの検査を受け、原因を調べてもらうと良いでしょう。

もし体のどこにも異常が見あたらなくても、医師から適切なお薬や漢方を処方してもらえることがほとんどです。

また、精神的なストレスであれば、心療内科にかかるのが良いでしょう。悩みを相談するだけでも、気持ちが少しは落ち着いてくるものです。

辛い痛みは我慢しないように。誰かの手を借りるという選択肢もあります。

決して一人では悩まないでくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ