好きな人は要注意!?チョコレートアレルギーの症状と危険性

150429-0049

最近はダイエット効果などチョコレートは健康に良いイメージが定着しつつありますが、実はチョコレートのアレルギーもあることを知っていますか?

 

チョコレートアレルギーとは?

チョコレートの原材料・カカオマスによるアレルギー反応が起こるものです。

このカカオマスに含まれるチラミンには、細い血管から血液が漏れ出て腫れてしまう血管性浮腫を引き起こす作用があります。

これはカカオマス製品であるチョコレート菓子の他、ココアにももちろん含まれていて、摂取した後にチラミンが血管収縮を起こします。

その効果が切れると反作用で急激な拡張が起こるのですが、これによって様々なアレルギー反応が現れるのです。

 

「鼻血が出る」もチョコアレルギー!?主な症状は?

150429-0050

チョコレートアレルギーの主な症状は、チラミンによって毛細血管が集まる粘膜が腫れる、蕁麻疹が出る、頭痛など。粘膜は鼻も含まれますよね。

「チョコを食べると鼻血が出るよ」と言われたことはありませんか。あれは、先で説明したチラミンによる作用の一つだったのですね。

他にも、腸の粘膜が腫れると腹痛や下痢になりますし、嘔吐することもあります。中にはアナフィラキシー・ショックを起こして死亡した例も・・・。

 

金属アレルギーとも関連…チョコに含まれるニッケル

カカオマスにはニッケルという金属が含まれています。

ピアスや指輪、ネックレスなど金属が触れると皮膚が赤くなる・・・という金属アレルギーを持っている人は、チョコレートでもアレルギー反応を起こす可能性は非常に高いということです。

ただし、チョコレート(カカオ)アレルギーを持つ人が必ずしも金属アレルギーを引き起こすわけではありません。

 

毎年増加する?バレンタインデー症候群

150429-0048

毎年、チョコをたくさん食べる機会がありますよね。そう、バレンタインデーです。

実はこのバレンタインデー、チョコを食べる量に気をつけないとアレルギーを発症してしまうおそれも。

実際、バレンタインにいつもより多くのチョコを食べたことで、突如アレルギーを引き起こし病院に駆け込む患者も少なくないのだとか。これを「バレンタインデー症候群」と呼ぶことがあります。

 

今は大丈夫でも油断は禁物…気をつけるべきは「摂取量」

150429-0051

今、チョコレートが大好きでやめられないという人がこれを読んでいたら、ショックを受けてしまうかもしれませんね。

「私はチョコが大好きなのに、もしもアレルギーになってしまったらもう食べられなくなっちゃう」と。

確かに、毎日食べ過ぎていれば急性のアレルギー症状を起こす可能性はあるでしょう。でもそれは、チョコレートに限らず他の食品にも言えることなのです。

特定の食品を食べ過ぎるのは良くありません。基本、栄養摂取は食事からとり、嗜好品の摂取は楽しむために適量食べることが望ましいのです。

つまりは、毎日の食事をバランス良くとることを心がけること。大好きなチョコを毎日大量に食べるということは絶対にしないこと。

以上のことには十分気をつけていきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ