運動と食事で2型糖尿病を予防しよう!原因は生活習慣と肥満?

SnapCrab_NoName_2015-8-2_13-18-18_No-00

糖尿病は簡単に言うと、血糖値が高くなる病気です。摂取した炭水化物がブドウ糖として体内に取り入れられ、エネルギーとして使われるためにはインスリンというホルモンが必要不可欠になります。

そのインスリンが何らかの原因により十分に分泌されなくなると、血中にエネルギーとして使われなかったブドウ糖があふれ、そのまま排出されてしまいます。これがこの病気の仕組みです。

 

予防できるのになぜ?!日本人に多い糖尿病2型

糖尿病は1型と2型の2種類のタイプに分けられます。

 

1型糖尿病

膵臓がインスリンをほとんど、あるいは全く作られないため体内のインスリン量が絶対的に足りなくなって起こるもの。遺伝や環境由来によるものと考えられていますが、はっきりとは解明されていないのが現状です。

 

2型糖尿病

日本人の糖尿病患者の95%がこちらといわれています。内臓脂肪の増加や運動不足による肥満、加齢や食べ過ぎによりインスリンの量が不十分になったり、肝臓(脂肪肝)・筋肉などの細胞がインスリン作用を感じなくなるために起こるものです。

 

糖尿病を語る上で知っておきたい言葉!インスリンとは?

SnapCrab_NoName_2015-8-2_13-20-13_No-00

インスリンは唯一血糖値を下げる作用をもつホルモンです。食後、血糖値が上がらないように調節してくれます。

そして、血中のブドウ糖をエネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えてエネルギーとして蓄えておくという役割も持ち合わせています。つまり、血糖(ブドウ糖)をコントロールしているのです。

 

2型は予防できる!今直ぐ生活習慣の見直しを!

SnapCrab_NoName_2015-8-2_13-21-13_No-00

1型はインスリン欠乏による糖尿病であり、膵臓がほとんどあるいは全くインスリンを作ることができないという人がなるものです。症状としては、急激な体重減少や、やたら喉が乾くなど。

先にも書いたとおり、原因ははっきりとは分かっていませんが、体質や遺伝、膵臓機能の先天的異常などが関係しています。

変わって2型は、肥満など生活習慣によるものが原因となって引き起こされることが多い病気です。一部遺伝も関係していることがありますが、ほとんどはやはり肥満・内臓脂肪の増加が大きく関係しています。

つまり、「日本の成人4人に1人がかかっている、もしくは予備軍である」とされる2型糖尿病を予防するには体重管理をしっかりと行い、食事・運動ともに配慮していくことが重要になるのです。

 

毎日コツコツと!2型糖尿病を防ぐ食事と運動法

SnapCrab_NoName_2015-8-2_13-23-11_No-00

2型糖尿病を防ぐには、食事と運動が大きな鍵となります。

まずは食事から。

 

味付けは薄味に

濃い味付けのおかずはご飯の摂取量を増やす原因にもなります。だしを利かせた味付けが良いでしょう。

 

甘いものや脂っこいものは食べ過ぎないように

甘いもの、脂っこいものを食べ過ぎると肥満の原因にも。脂肪肝や内臓脂肪の増加を促してしまいます。

 

野菜はたっぷりと

野菜の食物繊維が摂取した油分の排出を促進します。厚生省が推奨している量は一日350g。

 

調味料はかけずに「つける」

醤油やマヨネーズなど、料理の味付けに使われる調味料は、直接かけずに皿などにとってから料理をつけて食べましょう。

次は、運動について。

 

通勤、買い出しは歩いて

毎日の通勤時に歩けば、それだけでも良い運動になるものです。買い出しは買い溜めずこまめに行くようにすると、運動量も増えます。

 

ながら運動

テレビを見ながらストレッチをするなど、普段から動く癖を付けるようにすると良いでしょう。わざわざ運動する時間をとらなくてもできます。

暴飲・暴食を避け、主食・主菜・副菜を基本とした食生活と、毎日体重を測ることを心がけると、無意識でもそれが自己管理成功の鍵となります。

 

完治は困難!だからこそ予防が大切

糖尿病は一度かかると完全に治すことは困難な病気です。2型糖尿病は生活習慣を正すことで予防する事ができます。

健康な体は自分自身で維持し、守っていきましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ