骨が溶ける?!歯がなくなる前に気付きたい歯周病の症状

SnapCrab_NoName_2015-8-11_13-29-32_No-00

歯周病は私たちの身近な病気のひとつです。ブラッシングをすると出血したり、そこが常に赤く腫れていたりしませんか。

決して珍しくないようなその症状も、その病気が原因で起こったものである可能性があるのです。

 

自覚症状がないから怖い!歯周病で歯がなくなる!

SnapCrab_NoName_2015-8-11_13-31-40_No-00

歯周病は、簡単に説明すると「歯の周りの骨が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気」のことです。

特に自覚症状がないまま進行し、痛みやぐらつきをようやく感じ始める頃には既に重症化していることが多いといいます。

 

思いあたる症状があったら即診察を!歯周病の症状

SnapCrab_NoName_2015-8-11_13-32-33_No-00

歯周病の症状は、初期症状を含めて意外にたくさんあります。

 

歯茎が赤く腫れる

歯茎の正常な色はピンク色だが、赤く腫れるのは異常。原因菌が歯茎に付着していると、その表面の免疫機能で血液が集まり、菌と戦うために赤く腫れ上がってくる。

 

ブラッシングの際に出血が見られる

これは初期症状にもしばしば見られる。腫れ上がった歯茎は少しの刺激でも出血しやすくなっているので、ブラッシングの際によくなる。

 

歯石が付着する

細菌の塊と唾液、血液から出来ている歯石は、原因菌の住処となりやすい。

 

歯茎が下がる

これは歯の周りの骨を溶かす病気なので、骨が溶けることで歯茎も下がり、歯が長くなったように見える。

 

プラーク・コントロールで歯を守ろう

SnapCrab_NoName_2015-8-11_13-34-49_No-00

そんな歯周病を防ぐために大切なのは、「プラーク・コントロール」。

これは、歯にプラーク(歯垢)が付着するのを防ぎ、歯周病菌の増殖を防ぐという意味です。

プラークは食事の度に付着するものなので、毎日、出来れば毎食後自分で磨いたり、デンタルフロスなどでこまめに取り除いていくと良いでしょう。

しかし、残念ながら、正直自らの歯磨きだけですべて取り除くのは難しいものです。

そこで、専門医を頼ることが必要となります。自分では取り除けないプラークを取り除いてもらったり、必要に応じて薬での治療も行っていきます。

 

自然治癒は無理!歯周病だと思ったら即歯医者へ!

SnapCrab_NoName_2015-8-11_13-35-37_No-00

歯医者は怖い所というイメージが染み着いて、その足が遠ざかる人も多いと思います。が、歯周病は放置していても自然治癒は非常に難しく、進行するばかりというのが現実。

これは初期症状を見逃しやすい病気であり、自覚症状が出た頃には大分進行している可能性が高いものです。

痛み・ぐらつきを感じたなら、なるべく早くお医者さんに診てもらうのが一番なのです。

迷っているならば、是非一歩踏み出して診察を受けましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ