覚えておきたい!突発性発疹になった時の危険な症状とは?

SnapCrab_NoName_2015-8-11_15-59-29_No-00

「突発性発疹」という病気があります。これは、ほとんどの人が赤ちゃんのうちにかかるものです。

その症状は少し変わっていて、これまで元気だったのに急に高熱を出し、しかしそれほど具合が悪そうでもない、全身状態は良好・・・というのが特徴。

今回は、突発性発疹とその症状について詳しく触れていきます。

 

突発性発疹はウイルス性の病気

SnapCrab_NoName_2015-8-11_16-0-7_No-00

この病気を引き起こす原因は、ヒトヘルペスウイルス6型というウイルスです。一度かかれば再度かかるということはありません。

しかし、この他にヒトヘルペスウイルス7型というウイルスが存在し、こちらでも突発性発疹を引き起こされることがあるため、二回かかる子供もいるといわれています。

 

かかるのは子どものみ!生後6ヶ月~1歳までが最多

SnapCrab_NoName_2015-8-11_16-1-30_No-00

突発性発疹は、平均的に生後6ヶ月から1歳までの間にかかるものとされています。早くて生後2ヶ月、遅くとも2歳までにはほとんどの子供がかかるとも。

ごくまれに3歳以上児がかかることもありますが、水疱

 

最初は高熱!でも最終的な判断は発疹後

SnapCrab_NoName_2015-8-11_16-5-36_No-00

突発性発疹の症状は、以下の通り段階的に現れます。

  • 急に38度以上の高熱になり、3~4日ほど続く
  • 熱が下がった後、お腹や背中などの体幹を中心に、半日ほどで全身に大小不規則な赤い発疹が現れる
  • 2~3日で発疹は薄くなり、消えていく

特徴は、「高熱の割に食欲があり、比較的元気である」ということ。しかし中には機嫌が悪くなったり、熱のせいでぐったりする子供もいるようです。

高熱が出ている段階では突発性発疹であるとは特定できません。熱が下がった後の発疹でようやく「突発性発疹」という病名がつきます。

発疹は見た目ほどかゆみを感じないのも特徴のひとつです。たまにかゆみが強いと感じる子供もいますが、医療機関で医師に相談すれば、かゆみ止めの薬を処方してもらえます。

その他に下痢を伴うこともありますが、その場合は整腸剤などを処方してもらえるでしょう。高熱の段階で行っても解熱剤を出してもらえるので、発熱したらまず医療機関を受診する事が大切です。

 

素人判断は危険!高熱時はすぐに病院へ

SnapCrab_NoName_2015-8-11_16-6-33_No-00

以上のように、初期の症状だけでは特定するのが難しい病気のため、素人判断で処置をするのは危険です。

 

発熱

「先ほどまで普通だったのに、急に高熱が出た」ということ、子供にはよくあることですよね。たまに熱性痙攣を起こす子供も。

熱があるときは水分補給と安静を心がけましょう。もちろん、可能ならば直ちに医療機関へ。

 

下痢

下痢っぽくなることもあります。水分補給はこまめにとりましょう。

受診の際に整腸剤を処方してもらうこともできます。体を冷やさないのも大事。

 

発疹

発疹のほとんどはかゆみがあまり感じられないものですが、人によっては、まれに強いかゆみを感じることも。こちらも医師に伝えればかゆみ止めを処方してもらえるでしょう。
特に発熱は突発性発疹だけではなく他の病気時にも起こりうる症状なので、高熱が現れたら、すぐ受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ