痛くて辛い…巻き爪になる原因を知って正しく予防しよう

SnapCrab_NoName_2015-12-10_19-28-45_No-00

足の親指の爪が肉に巻き込んで食い込む巻き爪。経験者は意外と多いことでしょう。

そして、これがとても痛い!我慢するのは困難なくらいの痛みです。

辛い巻き爪の原因はなんなのか、予防・対策はどのようにすれば良いのか考えていきましょう。

 

巻き爪の最多原因は深爪

SnapCrab_NoName_2015-12-10_19-29-48_No-00

まずは原因ですが、最も多いのが「深爪」です。足の親指の爪を短く切った際、もともと曲がり気味だった先端(切った所)が皮膚に食い込み、小さな傷をつくります。

傷が炎症して腫れ、そこにさらに食い込んでいきますが、この傷が治癒すれば痛みや炎症も治まっていきます。しかし、これを繰り返すことで、巻き爪がどんどん悪化していくのです。

また、運動不足の人、足をあまり動かさない人はなりやすいです。爪は放っておけば内側に湾曲する形状をしていますが、適度に下からの圧力を受けることで、平らな形状を保てるものなのです。

つまり、あまり歩かない人は適度な圧力を受けられず、巻き爪になる可能性も高いということ。特に寝たきりの人がなりやすいというデータもあります。

原因は他にも、水虫(白癬)や遺伝性、病気などが挙げられます。

 

窮屈な靴は巻き爪の原因に

SnapCrab_NoName_2015-12-10_19-30-52_No-00

また、硬い靴や先のとがった靴など、窮屈な靴を普段から履いていることが原因でなることも珍しくありません。

これは、自分の足よりも面積の小さい靴を履くことにより、爪が不自然な圧力を受けて変形してしまうからです。

女性は特に靴のおしゃれにも気を遣うものですが、上記のようなものは爪だけではなく外反母趾の原因にもなるので、あまりおすすめできません。

 

巻き爪予防のための爪の切り方と靴の選び方

SnapCrab_NoName_2015-12-10_19-32-11_No-00

原因を理解したら、次は予防方法についてです。上記の原因を排除・予防することが鍵となります。

 

切り方は「スクエアカット」

足の爪の正しい切り方は、スクエアカットと呼ばれる切り方です。これは、爪の長さは指の最上部の皮膚に合わせ、まっすぐ横にそろえてカットする方法です。

こうすると、形が四角型になるので「スクエアカット」なのです。この切り方にすることで爪の両端が湾曲するのを防ぐことが出来ます。

 

大き過ぎてもダメ?正しい靴の選び方

次は、靴の選び方。原因の項で書いたとおり、硬い靴やとがった靴はNGです。

また、つま先に重心がかかる3センチ以上のヒールがあるものもいけません。サイズがきつ過ぎるのももちろんダメですが、実は大き過ぎても指に余計な負担がかかるため、良くありません。

一番良いのは、生地が柔らかく、足の幅と甲の高さに合ったスニーカーなどの動きやすい靴です。革靴やパンプスを履くなら、足先の幅が広いタイプのものが良いでしょう。

 

テーピングやコットンを活用

爪を切りすぎてしまった時は、小さく切ったコットンを指の皮膚と爪の間に挟んでみましょう。皮膚に食い込むのを防ぎ、湾曲しても痛みを抑えることができます。

また、テーピングでも同様の効果が得られます。こちらは矯正にも役立つので、おすすめです。

 

巻き爪の原因を知って正しく予防しよう

SnapCrab_NoName_2015-12-10_19-33-30_No-00

巻き爪は、

  • 深爪
  • 足に合わない靴を履く
  • 運動不足
  • 水虫

・・・などが原因で起こるものということがわかりましたね。

そして、予防・対策には、

  • 形はスクエアカットに
  • 靴は足の幅と甲の高さに合わせて選ぶ
  • コットンやテーピングで爪と皮膚の間にクッション

以上が適しています。

我慢できない痛みを伴う巻き爪。原因がわかれば、予防と対策はそんなに難しいことではありませんね。

「痛い!」となる前に、ぜひ上記の予防・対策方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ