風邪ひいた…!仕事を休まずに風邪を早く治す6つの方法

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-14-49_No-00

明日は絶対に会社を休めない・・・。そんな時に限って、風邪をひいてしまうことってありますよね。

出来れば会社を休みたくない!今回は、そんな時に役立つ「風邪を早く治す方法」を紹介します。

 

1.うがいで菌やウイルスを洗い流す!

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-15-38_No-00

ひきはじめは喉がイガイガして痛むことがよくあります。これは、喉に付着した菌やウイルスのせいです。

うがいは初歩的な処置のように感じるかもしれませんが、これがひきはじめによく効く方法なのです。これ以上悪化させたくないなら、なるべく早い段階でうがいを。

 

2.ビタミンCを積極的に摂取しよう!

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-17-15_No-00

体力が弱っている時に体内で大量に消費されるビタミンCは、サプリメントなどで積極的に摂りましょう。多すぎるくらい摂っても、余分なものは尿と一緒に排出されるので大丈夫。

ビタミンCは血液内の免疫力を高めます。

 

3.こまめに水分補給を!

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-18-15_No-00

熱が出ている時は、とにかく水分を摂取しましょう。基本は常温の水ですが、食欲がない時などはスポーツ飲料やフルーツで少しずつ補給しても構いません。

熱がなくても、抵抗力が落ちている体は水分を多く必要としています。コツは「こまめに」。

一口ずつ、15~30分置きに摂取すると良いでしょう。

 

4.寒気がする時は厚着を!

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-19-3_No-00

熱の上がり始めに悪寒を感じる人は多いでしょう。そういう時は、厚着をするなどして体を温めることを心がけます。

その後、熱が上がりきった後は暑くなるので、そうなったら熱の放出のために寒さを感じない程度の薄着になりましょう。

 

5.食欲がない時は無理して食べない!

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-20-26_No-00

食欲が落ち、何も食べたくないと感じることもありますよね。そんな時は、無理して食事を摂ろうとしなくても良いのです。

風邪によって消化機能が正常に働かなくなっている可能性が高いため、無理に食べ物を入れると胃もたれや吐き気を引き起こす場合があります。そういう時は、とりあえず水分補給さえ出来ていれば問題ありません。

食欲が戻ってきたら、お粥や軟らかくしたうどんなど消化の良いものから少しずつ摂取していきましょう。

 

6.睡眠を十分にとる!

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-20-59_No-00

一番大切なのは、睡眠を十分にとることです。免疫力は睡眠時間と比例していると言っても過言ではありません。

つまり、回復には睡眠が一番効果的ということ。睡眠中に体内の免疫細胞が活性化し、菌やウイルスをやっつけるのです。

風邪をひいたらとにかくよく寝る!これがシンプルだけど一番効果的。

以上、ひきはじめの風邪を早く治す方法でした。風邪をひいていなくても普段から予防として実践していると、とても効果的ですよ。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ