頭の右側が痛い…何の病気?「右後頭部の痛み」の3つの原因

SnapCrab_NoName_2016-5-29_11-2-55_No-00

 

「右後頭部の痛み」の原因と対処法を知ろう

頭痛の中でも、特に右後頭部に痛みがあるという方はいないでしょうか?こうした頭のある部分だけが痛いという場合には、考えられる原因がいくつかあります。

そこで今回は、どうして右後頭部に痛みが起きるのか、その原因について詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

1. 「後頭神経痛」による痛みの場合

まず考えられる原因の一つに後頭神経痛があります。後頭神経痛は、耳の後ろ辺りを走っている後頭神経が何らかの原因によって刺激されることで起こります。

それによって、右後頭部だけに痛みが出ることがあるのです。神経が刺激される原因としてはストレスが挙げられますが、右利きの方で右肩だけに負担がかかった場合や、右手で長時間作業した場合などでも神経は刺激されます。

また、最初は右だけだったのが左側も痛むようになることも多くあります。後頭神経は左右に1本ずつ存在するので、どちらが痛くなってもおかしくはありません。

もし思い当たるストレスがあるのなら、まずはそれを発散するのが一番の対処法と言えるでしょう。また、耳の後ろをマッサージするのも効果があります。

 

2. 「偏頭痛」で痛みがある場合

偏頭痛は、そのほとんどが頭の片側だけに痛みが出ます。そのため、右後頭部のみが痛いということも多いのです。

ズキンズキンと、脈打つように痛むのが特徴で、特に若い女性に多いと言われています。その都度痛いところが変わることはあまりなく、常にそこだけに痛みが出るのが特徴です。

また、右後頭部だけの痛みからひどくなると頭全体がズキズキと痛むようになり、こうなると仕事や家事は手に付かず、寝込んでしまう方も多いです。

偏頭痛の場合、薬がとても効果的です。頭痛外来のある病院に行くと、医師が患者さんの症状に合わせて効く薬を処方してくれます。

もし偏頭痛で困っている方は、ぜひ一度受診してみることをおすすめします。

 

3. 「重大な病気」で痛みがある場合

右後頭部の痛みは、重大な病気のサインである可能性も少なからずあります。その代表がくも膜下出血です。

くも膜下出血は、今まで経験したことのないような、バットで殴られたような痛みが後頭部に出ると言われています、右後頭部だけに限ることはあまりありませんが、中にはそういう方もいるようです。命にかかわる怖い病気なので、もしそういう痛みが出たら、すぐに救急車を呼びましょう。

また、髄膜炎でも右後頭部痛が出ることがあります。くも膜下出血ほどとはいかないまでも、強い頭痛があり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

髄膜炎の場合、他に特徴的なのが高熱が出ることです。頭痛が高熱のせいだと思ってしまうと、診断が遅れて後遺症が残ることもありますので注意が必要です。

 

右後頭部が痛いときは他の症状を確認して適切な処置をする

SnapCrab_NoName_2016-5-29_11-3-58_No-00

右後頭部が痛くなったら、まずは他に何か症状がないか確認しましょう。他に症状がなければ重大な病気の可能性は低いですが、まずは悪いほうから考えることも大切です。

右後頭部だけの痛みだと思って油断していると、痛む場所が広がることもよくありますので、早めに対処するのが一番です。頭を冷やす、薬を飲む、肩のこりをほぐすなど、自分に合った方法を見つけましょう。

また、普段と少しでも痛みかたが違うと感じたときは、自己診断はせず、病院で正しい診断を受けましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ