毎日の疲労が頭痛の素!「寝起きの頭痛」3つの原因と対処法

SnapCrab_NoName_2016-5-29_11-7-27_No-00

 

寝起きで起きる頭痛の原因を知る

朝目が覚めて、起き上がろうとしたときに「あれ?何だか頭が痛いな」と思ったことはありませんか?寝起きからそんな症状があったら、一日憂鬱になってしまいますよね。

でも、しっかり睡眠もとって疲れはとれているはずなのに、なぜ寝起きから頭痛が起きるのでしょうか?そこで今回は、その原因と正しい対処法についてご紹介したいと思います。

 

1. 「悪い生活習慣」によるストレスが蓄積して起こる

頭痛が起こる原因は、ほとんどがストレスや生活習慣の乱れだと言われています。毎日仕事や家事・育児に追われてストレスが溜まったまま発散できていない、自炊が面倒で外食やコンビニ弁当ばかり食べている、夜遅くまで起きてテレビを観ながらそのまま寝てしまうなど、何か思い当たることはありませんか?

こうした生活習慣を続けていくうちに、ストレスや疲労はどんどん溜まっていき、それを発散できないと体にさまざまな不調として現れてくるのです。その一つが頭痛なのです。

寝起きから症状があるのは、そうした生活を続けた結果です。1日ぐっすり寝たからといって、すぐに治るものではありません。

やはり日頃から規則正しい生活を心がけることが、治すための近道です。たとえ忙しいにしても、週に一度は自分の趣味を楽しんだり、一日一食は自炊をするだけでもかなり体調は良くなるはずです。

 

2. 「偏頭痛」が原因で起きたら光や音の刺激を減らして対処する

寝起きでカーテンから差し込む光を見たとたん、ズキンズキンと脈打つような痛みがあった場合、それは偏頭痛である可能性があります。

偏頭痛もさまざまなことが原因で起こりますが、特に光や音の刺激によって脳の血管が過剰に広がってしまうと起こりやすくなります。ですから、もし寝起きに太陽の光を浴びたり、目覚まし時計の大音量をきっかけに頭痛が起きたのなら、それは偏頭痛である可能性が高いです。

その場合の対処法は、まずカーテンを閉めて部屋を暗くすること、そして耳栓などをして周りの音が聞こえないように静かにすることです。そして横になって安静にすることでほとんどは治ります。

ただ、一度症状が出ると1時間以上続いてしまうことも多いので、時間がないときは症状の出始めにすぐ薬を飲むのも即効性があり、効果的でしょう。

 

3. 「枕が合っていない」ことが原因で頭痛がすることもある

寝起きで頭痛がする場合、首も同時に痛いことはありませんか?もしそうであれば、枕の高さが合っていないのかもしれません。

自分ではちょうどよい高さや固さだと思っていても、実際に寝てみるとしっかりとフィットせずに隙間が空いていることも多いのです。その隙間が肩こりの原因となり、結果として頭痛が起こるのです。

まず仰向けで寝てみて、首の下に指を入れて隙間が空いていないか確認してみましょう。もし空いているなら、タオルで高さを調節するだけでも全然違います。

ほんの1cmの違いが、大きく影響するのです。もし自分でわからなければ、寝具店などで相談してみるのもよいですね。

 

寝起きの頭痛の原因は多くが生活習慣の乱れ

SnapCrab_NoName_2016-5-29_11-8-24_No-00

今回ご紹介したように、寝起きの頭痛の原因はほとんどが日頃の生活習慣です。
しかし、寝起きからそんな症状があったら、一日の始まりも清々しいものではありませんよね。

自分の生活習慣を正すことはなかなか難しいかもしれませんが、少しずつでも自分のできることから始めてみましょう。すぐには効果は見られないかもしれませんが、必ず結果として現れてくるでしょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ