「偏頭痛の薬」飲むタイミングは?偏頭痛に効く2つの薬と使用法

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-45-1_No-00

 

偏頭痛に効く薬と薬の使用法を知ろう

偏頭痛をお持ちの方はズキンズキンとするようなあの痛みで、仕事や家事が手に付かなくなってしまうこともあるかと思います。しかし、辛くてもそんなことで休んではいられないとも思うでしょう。

そんなときの救いが薬だと思います。しかし、「偏頭痛の薬って実際どうなんだろう?」「本当に効くの?」と思っている方もいるかと思います。

そこで今回は、偏頭痛の薬についてご紹介していきたいと思います。

 

症状が起きてすぐに「トリプタン系の薬」を飲むと有効

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-45-57_No-00

偏頭痛にはたくさんの薬があって、その中でもトリプタン系はとても有効だと言われています。そもそも偏頭痛は、何らかの刺激によって脳の血管が拡張することで炎症が起き、それが痛みとなって現れると言われています。

ですから、その根本を治療するのが一番というわけです。トリプタン系には、この脳の血管の広がりを抑える作用があり、根本的な治療ができます。

また、脳の血管が広がると脳の三叉神経に作用して、三叉神経からも血管が広がる物質が分泌されるのですが、トリプタン系はその三叉神経にも作用してその物質が分泌されるのを阻害してくれるのです。

このように根本的な治療をすることで、とても即効性があると言われています。ただ、このようなトリプタン系には「予防薬」としての役目はあまりありません。

偏頭痛が起こる前に服用するというよりは、症状が起きてすぐに服用するのが一番効果があると言われているのです。

 

「エルゴタミン製剤」は偏頭痛の予防に使う

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-46-54_No-00

トリプタン系が主流な現代の偏頭痛治療ですが、実は古くから使われてきたのはエルゴタミン製剤です。

この薬もやはり脳の血管を収縮させることで偏頭痛を緩和するという効能があるのですが、トリプタン系のように根本的に治療をするものではありません。そのため、症状がひどくなってからだとあまり見られない場合が多くあります。

しかし、偏頭痛が起きる前兆があるときや症状が出始めてすぐに服用すれば、効果はあります。どちらかというと予防の意味で飲むのがよいと言えるのです。

ですから、トリプタン系と併用して上手く調節して飲むことで、偏頭痛を抑えることができます。

 

市販の薬でも適切に用いれば効果がある場合もある

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-48-8_No-00

これまでトリプタン系とエルゴタミン製剤についてお話しましたが、これらはきちんと病院で処方してもらわなければもらうことはできません。ですが、市販薬であれば薬局で誰でも手軽に購入することができます。

しかし、市販のものは効果があるのか心配な方も多いと思います。確かに病院で処方されたものと比べると、効果は弱いのは確かです。

特に本格的な痛みが出てしまうと、なかなかその症状を緩和することはできないでしょう。しかし、市販のものでも前兆が出た段階や初期症状のうちに服用すれば、効果の高いものもあります。

 

薬を選ぶ場合自分に合っているかどうか見定める

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-48-47_No-00

薬を選ぶ上で最も大切なのは、自分の体に合ったものを見つけることです。偏頭痛は、人それぞれ症状の出方が違いますし、相性も違います。

ですから、まずはさまざまな薬を試してみて、自分に合ったものを見つけることが大切なのです。相性のよいものを見つけるのはなかなか根気が要りますが、一度見つけてしまえば安心感にもつながります。

薬があるというだけで、安心して何となく治った気になるような方もいるくらいですので、自分の症状をよく知って、医師にも相談しながら見つけていきましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ