鎮痛薬で脳炎!?インフルエンザによる頭痛の仕組みと頭痛薬

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-55-6_No-00

 

インフルエンザによる頭痛の起きる仕組みと対処法を知ろう

冬になると決まって猛威をふるうインフルエンザ。かかったことのある方も多いと思います。

インフルエンザの症状といえば、真っ先に高熱が思い浮かぶと思いますが、経験したことがある方はお分かりのとおり、それ以外にもさまざまな症状が出ることがあります。

その一つが頭痛です。そこで今回は、インフルエンザが原因で頭痛が起きたときの正しい対処法についてお伝えしたいと思います。

 

インフルエンザにより発生する物質が高熱を発生させて頭痛が起きる

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-56-45_No-00

インフルエンザにかかって頭痛が起こるのは、高熱のせいだと思われがちですが、実はちょっと違います。まずはその説明からいたしましょう。

インフルエンザウイルスが体に侵入してきたとき、体の中ではざまざまな変化が起こります。まず、ウイルスが体に侵入してきたことを知らせるために、免疫細胞が他の細胞にサイトカインという物質を放出させます。

このときに、サイトカインとともに作られるのがプロスタグランジンという物質です。このプロスタグランジンは、ウイルスと戦うために体の血管を広げて高熱を出させて、免疫細胞のはたらきを活発にさせます。

ウイルスは高熱に弱いので、それによってウイルスをやっつけようとしているのです。ただ、血管が広がることで当然脳の血管も広がり、それが周りの神経を刺激することにもつながり、頭痛の原因になってしまうのです。

 

高熱による頭痛は頭を冷やしたり症状に合った頭痛薬を飲む

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-57-51_No-00

高熱が出ている間は、頭痛が続くこともあります。ガンガンと痛むせいで熱よりも辛い思いをする方もいるでしょう。

そんなときの対処法は、まずは頭を冷やすことです。単純な方法と思われがちですが、頭を冷やすことで血管の広がりを緩和させることができますし、痛みを軽減できます。

また、あまりにひどい場合は薬を飲むのもよいでしょう。病院できちんとと診断されているなら、そこで頭痛薬も一緒に処方してもらうのが一番です。

もし急に頭痛が起きてしまった場合には、薬剤師の常駐しているドラッグストアで症状を話し、症状に合った薬を選んでもらうのもよいですね。

 

インフルエンザで解熱鎮痛剤を飲むと「インフルエンザ脳炎」になることもある

頭痛が起きたとき、一番怖いのはインフルエンザ脳症です。インフルエンザ脳症になるのは子どもが多く、大人ではまれですが、けいれんや意識障害、異常行動を引き起こすなど、その症状は重篤ですので注意が必要です。

実は、インフルエンザ脳症が起こる原因として、解熱鎮痛薬が関係していると言われています。解熱鎮痛薬には、インフルエンザの場合に服用してはいけない種類のものがあるのです。

もしそれを誤って服用してしまった場合、インフルエンザ脳症を引き起こす可能性があります。ですから、頭痛がするからといって、むやみに自己判断で鎮痛薬を服用するのは危険なのです。

特に注意したいのが、ボルタレンやアスピリンです。よく聞く薬の名前ですが、インフルエンザのときに服用すると非常に危険なので注意しましょう。

 

インフルエンザは病院で適切な処置をしてもらう

SnapCrab_NoName_2016-5-30_12-58-48_No-00

インフルエンザは病院でまず診断してもらい、症状に合った薬を処方してもらいましょう。もし頭痛が辛いなら、面倒でももう一度病院で頭痛薬を処方してもらうのが一番です。

自己判断ほど怖いものはありません。症状を長引かせないためにも、自分自身を守るためにも、自分で判断して対処するのは控えましょう。

適切な対処をしていれば、通常なら数日で治るものです。ほんの一時的なものだと思って、医師の指示のもとに安静にしていましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ