薬を飲んで安静にする!偏頭痛で吐き気をもよおす原因と対処法

SnapCrab_NoName_2016-5-31_10-36-20_No-00

 

偏頭痛によって吐き気が起きる原因と対処法を知ろう

頭痛が起きると、ただでさえ仕事や家事が手に付かなくなり憂鬱な気分になる方も多いでしょう。そんな頭痛の中でも偏頭痛は、吐き気も伴うことがあり、他の頭痛のタイプと比べてもかなり辛いと言えます。

しかし、なぜ頭痛が起きると吐き気をもよおすのでしょうか?そこで今回は、その原因と正しい対処法についてご紹介していきたいと思います。

 

偏頭痛は脳の血管の拡張により三叉神経などを刺激することで起きる

SnapCrab_NoName_2016-5-31_10-38-3_No-00

では、まずは偏頭痛が起こるメカニズムについてご説明することにしましょう。偏頭痛は、脳の血管が広がることで痛みが出ると言われています。

脳の血管が広がる原因は、ストレスや日頃の生活習慣、天候などによっても左右され、人それぞれ原因は異なります。広がった血管は、脳の表面の感覚をつかさどる三叉神経を刺激し、それによって痛みが頭に出るとされています。

頭の片側が痛むことが多いですが、両側のこともあります。こめかみ付近に痛みを感じることが多く、それは三叉神経がその周囲を走っているからと言えます。

 

吐き気を伴うのは偏頭痛による三叉神経の刺激が原因と言われている

SnapCrab_NoName_2016-5-31_10-37-6_No-00

では、なぜ偏頭痛では吐き気を伴うことがあるのでしょうか?実はその原因ははっきりしていません。ただ、他の頭痛とは起きるメカニズムが違うことがもよおす原因だとされています。

先ほどもお話ししたように、偏頭痛は三叉神経が刺激を受けることで痛みが出ます。ですから、その刺激が脳の表面に炎症を起こしていると考えられるのです。

脳には、三叉神経以外にもさまざまな神経が走っていますので、三叉神経が刺激を受けることで周りの神経も刺激され、それが強い吐き気となることが考えられます。

そのため、やはり三叉神経の炎症を抑えることが、吐き気を止めるための一番根本的な治療と言えます。

 

偏頭痛による吐き気は偏頭痛の薬で対処する

SnapCrab_NoName_2016-5-31_10-38-49_No-00

偏頭痛で吐き気が出た場合は、まずは偏頭痛を治すことを優先して対処しましょう。もし薬がある場合は、薬を飲んで様子を見ることが一番です。

吐き気止めの薬もありますが、それはただ症状を抑えるだけで根本的な治療とは言えませんので、実際に吐いてしまった場合以外はあまり服用することはおすすめしません。

偏頭痛の薬も即効性があるとは言えませんが、頭痛の症状が落ち着けばそれに伴ってだんだんと治まるでしょう。

 

安静にすれば吐き気は治まる

SnapCrab_NoName_2016-5-31_10-39-39_No-00

偏頭痛は、光や音に敏感になるとも言われています。もし、蛍光灯の光が異様にまぶしく感じたり、人の話し声や生活音がいつもよりうるさく感じられたら、それは偏頭痛のせいかもしれません。

その場合は、まず暗くて静かな部屋に移動しましょう。もし近くにそういう場所がないときは、アイマスクや耳栓を活用してもよいです。

そしてしばらくは横になって安静にしましょう。なるべく横向きで寝たほうが吐き気はおさまりやすいです。空腹でないときは、消化を助けるためにも右を下にして寝るとさらによいでしょう。

 

完治を目指すよりも吐き気と上手く付き合うことが大切

偏頭痛は、完治することは難しいので、一生付き合っていかなくてはいけません。ですから、必然的に吐き気とも付き合っていく必要があります。

偏頭痛には前兆がある方も多いので、もし前兆があるならその時点で薬を飲むなど対処すれば、吐き気までもよおすことは少なくなるでしょう。症状の出始めは、まだ吐き気がないことがほとんどです。

ひとたび吐き気をもよおすと、動くのも辛くなってしまうと思います。そのため、症状が頭痛だけのうちに早めに対処することが大切なのです。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ