早めの対策で症状緩和!「花粉症」の発生時期と病院の治療法

SnapCrab_NoName_2016-6-3_11-13-27_No-00

 

花粉症の花粉ごとの発生時期と病院での治療法を知ろう

毎年花粉症に悩まされる人が多い日本。春先の時期はスギ花粉による花粉症を発症する人が非常に多いですが、実は花粉症の原因になるアレルゲンはスギ花粉だけではないのです。

 

花粉症の症状で風邪との違いは「目のかゆみと鼻水」

SnapCrab_NoName_2016-6-3_11-14-5_No-00

花粉症の症状と風邪の症状はよく似ています。しかし明らかに違うのは、『目のかゆみ』と『鼻水の形状』。

風邪の時、目のかゆみを伴う症状は滅多にあらわれません。また、鼻水の形状も少し粘つくものですが、花粉症などのアレルギー症状による鼻水は水のようにさらさらしています。

そして、発熱や喉の痛みは花粉症の症状としてはほとんどあらわれません。

 

アレルゲンになる花粉は年中飛散している

SnapCrab_NoName_2016-6-3_11-15-8_No-00

花粉症の中でも一番ポピュラーなのが、先にも書いたように『スギ花粉』です。その他、アレルゲンとなる花粉はヒノキ、マツ、ブナ、シラカンバ、イネ、ヨモギ、ブタクサなどが挙げられます。

これらの花粉が飛散のピークを迎える時期については次の通り。

  • スギ 1~4月
  • ヒノキ 3~4月
  • シラカンバ 4~7月
  • イネ 5~10月
  • ブタクサ 8~10月
  • ヨモギ 8~10月
  • マツ 4~6月
  • ブナ 3~6月

それぞれ花粉の飛散ピークがずれていて、1月~10月まで花粉症を発症する危険があるということですね。スギ花粉に限っていうと、九州地方では1月下旬から、東北地方では3月上旬以降から飛散時期となっています。

 

住んでいる地域によって花粉の種類が違う

実は、北海道や沖縄にはスギ自体がほとんど生息していません。そのため、本州から離れているこの2つの地域に住んでいる人は、スギ花粉症になる可能性が極めて低いのです。

一方、北海道にはシラカンバ花粉による花粉症を発症する人が多いと言われています。このように、住んでいる地域によっても発症しやすい、あるいは発症しにくい花粉症があるのです。

 

花粉症になる人とならない人の違いは「抗体の遺伝子」

通年、花粉症の諸症状に悩む人が多い一方、全く発症しない人も中にはいます。花粉症の人にしてみれば、羨ましいことこの上ないですよね。

その違いは、遺伝的なものが大きいと言われています。生まれつき体内に侵入してくる異物に対する抗体が出来やすいか、そうでないかの違いなのです。

 

果物などの食物アレルギーを持った人は要注意

SnapCrab_NoName_2016-6-3_11-16-16_No-00

以上のことから、花粉以外にも食物アレルギーを持っている人は必然的に花粉症にもなりやすいと言えます。特に果物によるアレルギーは花粉症との関係性も強いと言われているのです。

例としては、

  • ブタクサ花粉
    メロン、スイカ、バナナ
  • シラカンバ花粉
    リンゴ、サクランボ、モモ、キウイ、マンゴー

などが挙げられます。いずれもその花粉と似通ったたんぱく質を含む果物であり、生で食した時に口の中がかゆくなったりイガイガするといった症状があらわれるものです。

原因となるたんぱく質は、そのほとんどが加熱処理によって消化・分解されるため、加熱していれば食べても症状があらわれなくなります。しかし、アナフィラキシーショックの可能性も必ずしもないとは言い切れません。

必ずかかりつけの医師に相談するなどして注意することが必要です。

 

花粉が飛散する前から薬の処方をする

毎年花粉症になることがわかっているのならば、とにかく早い時期から対策をすべきです。例えば、専用の薬をかかりけ医から処方してもらうなどは基本中の基本ですね。

そしてセルフケアとして、マスクの装着は欠かせません。花粉からの防護に最も効果的なのはマスクであると専門家も言っているほどです。

家の中の環境についても、しっかり対策をとっておきましょう。室内に花粉が入るのを防ぐために、服装にも気を付けると良いでしょう。

例えば、ナイロン製のウインドブレーカーなどは花粉が付着しにくい素材ですし、もしついてしまっても玄関でさっと払って落とすことが出来ます。粘着テープのコロコロクリーナーを玄関に常備しておくのがおすすめ。

それでも家の中に入ってしまう花粉は、加湿によって飛散を防ぐことが出来ます。加湿器は冬の間だけではなく、花粉の時期にも重宝しますよ。

そして、室内でも必ずマスクの装着をすることをおすすめします。やはり、なんといっても体内にアレルゲンが侵入することを一番避けたいからです。

 

花粉症の症状の段階別治療法

花粉症の治療法にはいくつか種類があります。

【初期療法】

花粉症であることがわかっている場合に用いられる治療方法。花粉が飛散する2週間前から薬の服用を開始する。

第2世代抗ヒスタミンなどの抗アレルギー薬を用いて治療を行う。

【導入療法】

症状があらわれてから始める治療方法。初めて花粉症を発症した人は必然的にこの治療方法を用いる。

2世代抗ヒスタミン薬と経口ステロイド薬を併用することが多い。鼻炎症状が酷い場合はステロイド点鼻薬の使用も。

【維持療法】

上記の『初期療法』『導入療法』で改善した場合、その状態を保つことを目的として行われる治療方法。飛散時期は継続して治療を行う。

 

治療の開始時期が早ければ早いほど症状は軽く済む

SnapCrab_NoName_2016-6-3_11-17-10_No-00

原因となる花粉の種類によっても、ピーク時期が異なる花粉症。症状があらわれる前にかかりつけの医療機関で受診し、治療を開始するのが一番症状が軽く済みます。

また、初めて発症する人も中にいるでしょう。自分の症状は風邪なのか、それとも花粉症によるものなのか、正しく診断できるのは専門医です。

そんな時は、耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。アレルギー検査を受けることが出来ますし、風邪であったとしてもきちんとその治療薬を処方してくれますよ。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ