理系学生が就職活動に困らない考え方

150211-0022

学部卒が良いか、大学院進学を選ぶべきか…

大学で理系の学部を専攻した学生達が将来の就職を考える際、最も悩ましいのがこの二者択一だと思います。

しかし、どちらの道を選択しても、後の結果は本人の姿勢で決まるのが実情です。

過去の結果論に捉われず、自分はどうしたいのかしっかりと見極め、最善のパフォーマンスを心がけていくことが大切です。

 

学部卒と大学院進学…どちらが就職に有利?

150211-0023

結論からすると、「学部卒だから就職に不利」「大学院進学の方が就職に有利」とは一概には言えません。学部卒、大学院進学ともにそれぞれが持つメリットがあります。

過去の統計的な数字から判断することは避け、それぞれが持つ強みを生かして就職活動に挑んで下さい。

 

学部卒が持つメリット

理系学部卒業生の強みは、年齢の若いうちから企業に馴染みやすくなること。即ち、学部を卒業する平均年齢22歳から入社し、吸収力の高いうちからビジネスに現場での実務経験を積み上げることができるのです。

「鉄は熱い内に打て」ということわざ通り、どの企業でも「柔軟性の利く若い年齢で入社してもらい、いち早く組織に馴染んで欲しい」という期待を持っています。

修士の場合、企業に入社する平均年齢は24歳と言われていますから、学部卒の方が2年早く仕事の経験値を得ることができるのです。

 

大学院進学の強み

最低条件として修士が求められる研究開発職を希望する場合は、大学院に進学するのがベストと言えるでしょう。

どの企業も「即戦力」を求めてきますので、高い研究スキルや専門性を身に付けるため、しっかりと専門分野で勉強していくことが必要です。

 

就職活動時の注意点

150211-0022

就職活動の際、最も注意しなくてはならないポイントは下記の通りです。

ネガティブな感情やマイナスの固定観念は就活の妨げになるので注意しましょう。

 

研究から逃げたいから就職するはNG

学部卒業生に最も多く見られるのが「研究から逃げたいから就職する」という志望理由。このようなネガティブ思考を持っていると、間違いなく就職活動で苦戦します。

自分はどうありたいのか、本当に研究がしたいのか、実は研究をしたくないのか、自分が抱く感情によって選ぶ進路も変わってきますから、学生時代にしっかり自分と向き合って考えていきましょう。

 

研究職であれば院卒生は有利というわけではない

未だ理系専攻の学生に強く染み付いているのが「研究職=院卒生が有利」という固定観念。

先述の通り、研究開発職では最低条件として修士が求められ、その上では院卒生は有利です。

しかし、進学が当たり前になっている昨今、院卒は決して特別に扱いされる存在ではないということを念頭に置く必要があるのです。

たとえ初任給には差をつけても、入社後は完全な実力社会。学歴は一切関係なく、昇進の際は当然、本人の仕事に対する姿勢と実力が求められるのです。

 

理系学生だけでなく就活生に大事なのは「大学でどう過ごしたか」

150211-0024

理系学生だけでなく就活全ての学生に共通して言えること、それは「どこを卒業したか」ではなく「大学でどう過ごしたか」ということです。

理系職で専門性が求められるのは確かです。

しかし、その中には大学で真剣に勉学に励んできたという期待と、学校生活の中で身につけてきた思考力やコミュニケーション力、研究に対する姿勢なども含まれています。

「専門性の高い仕事」と「これまで培ってきた能力が活かせる仕事」。

能力1つ取っても様々な活かし方があるという、柔軟なものの捉え方が最も必要なスキルと言っても過言ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ