乾燥ニキビを撃退!乾燥肌のニキビを予防・改善する方法

150429-0053

ニキビは、脂性肌の人ができやすいものというイメージがありませんか。

たしかにその通りではありますが、実は、乾燥肌の人もニキビに悩ませられることが多いのです。

今回は、そんな「乾燥ニキビ」の原因とその予防・改善方法について考えていきます。

 

脂性と乾燥、ニキビの原因は同じ

150429-0054

ニキビができる主な原因は、毛穴に皮脂汚れが詰まって炎症を起こすことです。脂性肌は皮脂分泌が余分に行われるため、できやすいのです。

乾燥肌は皮脂分泌が少ないのに、どうしてニキビができるのでしょうか。

皮脂分泌が少ないと、肌を守るための「バリア機能」として働く皮脂膜がしっかりとつくることができないのです。

すると、その機能が著しく低下するため、水分はどんどん失われていきます。

水分のない乾燥肌は肌表面が硬くなり、毛穴が細く弱くなっていきます。その細くなった毛穴では、少量の皮脂でも簡単に詰まってしまうのです。

そうして乾燥ニキビが発生していきます。

 

乾燥ニキビ対策…肌の水分と油分のバランスが大事

150429-0056

そんな乾燥ニキビの対策には、やはりたっぷりの潤いを補ってあげることが大事です。ニキビだからといって化粧水だけをつけて終わらせるのはNGですよ。

・化粧水の後には必ず乳液等で蓋を
これは基礎の基礎とも言えることですが、化粧水をつけた後には必ず乳液などで潤いにしっかりと蓋をするのが原則。ただし、べたべたになるまでつけすぎないこと。

・肌を甘やかしすぎるのはダメ
栄養クリームなど油分の多いものを毎日肌に与えてしまうと、バリア機能をつくり出すという本来の力を取り戻すのが困難になるおそれがあります。

さらに、クリームに含まれている界面活性剤が強い浸透力で皮脂膜を溶かし、必要な角質層まで痛めてしまう可能性もあるので、使用は最低限にとどめた方が良いでしょう。

 

正しいスキンケア方法と化粧水の選び方

150429-0055

乾燥とニキビを防ぎ、改善するには正しい化粧水選びから見直しましょう。

まず、化粧水に含まれる成分では「糖類」「多糖類」「アミノ酸」など、肌細胞の栄養源となるものを重視します。

これをコットンやティッシュに含ませ、化粧水パックを行うと良いでしょう。

パック後は同じ成分配合のノンオイルタイプのローションをつかって十分に潤いを与え、しっかり保湿を。

オールインワンジェルなどの乳液不要のものが大変便利です。

 

皮脂分泌過剰?肌が潤っていれば過剰分泌はされない

150429-0052

ニキビは脂性肌にしかできないと思いこんでいる人も少なくはないでしょう。ニキビには「さっぱり」タイプの化粧水・乳液を使えばOK!という考えは捨てるべきです。

もともと脂性肌は、足りない油分を補おうとして皮脂分泌が盛んになってしまうのが主な原因と言われています。

皮脂の分泌を抑える基礎化粧品の使用過多が逆効果になっている場合もあるのです。

つまりは、十分に潤った肌は余分な皮脂は分泌されないということ。ニキビを予防・改善するには、しっかりと潤いを与えることが大切なのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ