美白を極めるには食べ物が鍵!化粧品だけに頼らない美白術とは?

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-33-53_No-00

紫外線対策は万全にしているつもりでも、日々少しずつ日焼けで肌が黒くなっているもの。

そこで美白化粧品を試す人は多いと思いますが、化粧品だけでは効果があまり期待できないことをご存じですか。

今回は「美白と食べ物」について考えていきましょう。

 

美白キープの秘訣とは?メラニン色素の生成と日焼け

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-35-12_No-00

肌は代謝してターンオーバーを繰り返し、古い皮膚(角質)から新しいものへと生まれ変わります。

紫外線を受けた肌から刺激が伝わり、細胞を守るためメラニン色素が生成されますが、これが日焼けで肌が黒くなる原因です。

これが続くと、ターンオーバーの周期が乱れたり、肌の老化が進みやすくなるので新陳代謝が悪くなり、結果肌が元に戻りにくくなるなど、まるで良いことがありません。

つまり、肌を白く保ち「美白」を貫きたいなら、まずはメラニン色素の生成を押さえることが重要になります。

 

肌の外は美白化粧品でケア!肌の内からは食事でケア!

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-36-20_No-00

美白に成功するためには、美白化粧品の他、重要になるのが食事です。肌の代謝は外よりも内側からのアプローチが大きく影響してきます。

 

ビタミンC

メラニンを還元・排出する作用があります。多く含む食べ物は、イチゴ、トマト、パプリカ、ジャガイモなど。

 

ビタミンE

抗酸化作用があります。アーモンドなどのナッツ類や、アボカドなどに含まれています。

 

βカロテン

体内でビタミンAに変化し、肌や粘膜を強化します。多く含む食べ物は人参、カボチャ、モロヘイヤなどの緑黄色野菜です。

 

L-システイン

大豆、小麦胚芽、蜂蜜に多く含まれており、代謝を促してメラニンの生成を抑制します。皮膚に沈着したメラニンを排出する作用も。

 

アスタキサンチン

鮭、エビ、カニなどに含まれ、抗酸化作用があります。メラニンの生成を抑える効果もあるため、美白化粧品などにも取り入れられています。

 

エラグ酸

ザクロやベリー系の果物などに多く含まれる成分。高い抗酸化力を持ち、メラニン生成を抑制します。
このように、美白に関する食べ物は意外にたくさんあります。

つまりは様々な食べ物の栄養を普段からバランスよく摂取していくことでターンオーバーを正常に促し、、紫外線による肌の黒化だけではなく、シミ・そばかすの生成をも抑制することが可能ということです。

 

意外?美白を妨げる柑橘類!夕食時の摂取がオススメ

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-37-34_No-00

では、逆に美白効果を妨げ、日焼け等を悪化させる食べ物について挙げてみましょう。

 

ソラレンを含む食べ物

ソラレンというのは光毒性の物質です。摂取したり、肌に直接付着することで紫外線への感受性を高めてしまいます。

食べ物の例は、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類やキュウリなど。柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれているので、食べるなら夕食時など紫外線を浴びない時間帯がおすすめです。

朝出かける前の摂取やスライスしたものを直接肌に貼ってパックすることはやめましょう。汁を付着させたまま紫外線を浴びて水膨れが出来るほどの炎症を起こしたというケースもあります。

 

糖分・アルコールの多量摂取

糖分やアルコールの多量摂取をすると、その代謝をするために美白に効果的とされるビタミン類やミネラル分を大量に消費されてしまうのです。程々に控えましょう。

 

美白は一日にして成らず!食生活の見直しを!

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-38-22_No-00

以上のように、美白は化粧品のみならず、食べ物からの影響もとても強いということがわかりましたね。

日焼け止めも美白化粧品も効果がないと嘆く前に、まずは食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ