あせも対策の基礎知識!原因を知って完璧なあせも対策する方法

150910-0048

日本の夏は高温多湿。夏バテや熱中症に気をつけなければなりません。

加えて、この時期はもうひとつ注意したいものがあります。それは、「あせも」です。

子供に発症することが多いあせもですが、大人もできることがあります。あせもができる原因は何なのでしょうか。

 

あせもができる原因は単純!汗の噴き出し口を汗が塞ぐ

150910-0047

肌表面に吹き出した汗はタオルなどで拭き取ったり、そのまま蒸発することで取り除くことが可能です。しかし、汗をかいても気がつかない場所・・・主に衣服などで隠れている部位や、高温多湿な場所など蒸発されにくい環境下にいると、肌の上に汗が残ったまま長時間放置されてしまうことも。

実は、この状態があせもを発生させる条件を満たしてしまいます。

あせもは、汗が肌表面の噴き出し口を塞ぐことが原因で発生します。出口を塞がれた汗管には汗がたまってしまい、そこから周りの組織へ漏れ出て、炎症や水膨れを引き起こすと、これがあせもとして肌に現れるのです。

 

要注意!あせもができやすい部位

150925-0013

あせもができる原因を踏まえ、できやすい部位をあげていきます。

頭髪があるので、汗をかくと乾きにくい部位。帽子を着用しているとさらに蒸れる。

前髪で隠れている部分や髪の生え際は要注意。

肘の内側、膝の裏

衣服で覆われていたり、汗をかいていても気がつきにくく乾きにくい部位。

足の付け根、おしり

肌着や衣類で覆われているため、通気性の悪い状態にあることが多い。

以上の他、乳幼児は紙おむつに覆われている部位(腰からおしり)や寝返りできない場合は背中にもできやすくなります。汗をかいていて、かつ湿気がこもるおむつの中はあせもが発生しやすい環境そのものです。

 

汗はどこから出てくるの?汗が出る仕組みを知ろう

汗は「汗管」という管状の腺から分泌されます。皮膚の真皮の奥深くには「汗腺」がありますが、ここから汗管が肌表面までつながるように伸びていて、噴き出し口(汗孔)から出てくる仕組みです。

 

原因が単純なら対策もシンプル!汗はこまめに拭こう!

150910-0050

汗をかくことは悪いことではありません。これは体温調節をするために必要な身体機能であり、全くかかないと熱中症の危険性が高まります。

あせもを予防するには、原因となる汗を拭き取り、噴き出し口を塞がないように肌を清潔に保つことが一番です。まめにシャワーで洗い流したり、清潔な濡れタオルなどで拭き取り、必要に応じて着替えするなどをすれば良いのです。

しかし、小さな子供は自分ではできないので、親御さんが適切に対処する必要があります。室内が高温多湿になるのを防ぐために適度なエアコンの使用も効果的です。

 

掻き壊しはNG!酷い場合は皮膚科を受診しよう

あせもが発生し、赤くかゆみを伴う湿疹になったしまったら、薬による治療が必要になります。皮膚科を受診して処方してもらうのが一番良いですが、もし市販のものを使用するなら、抗炎症作用のあるステロイド外用剤を撰びましょう。

かゆみが強く、つい掻きむしってしまって掻き壊しをつくってしまうと、そこからとびひ(伝染性膿痂疹)に発展するなどし、治りが遅くなってしまうおそれがあります。小さい子供ほど掻きむしることが多いので、なるべく早く処置を行うことが重要です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ