鼻の黒ずみを解消!正しいクレンジング・洗顔・保湿の3ステップ

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-24-18_No-00

ブツブツのイチゴ鼻に悩んでいる人は意外に多いですよね。そんな鼻の黒ずみの原因はずばり、「毛穴の詰まり」。

今回は、鼻の黒ずみを解消する方法について考えていきましょう。

 

毛穴に汚れが詰まって黒ずみに!

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-31-11_No-00

まずは、鼻の黒ずみの仕組みについて。

古い角質や皮脂などの肌表面の汚れが鼻の毛穴に詰まり、角栓になります。その角栓が酸化して黒くなると、毛穴が黒く見える「黒ずみ」として現れます。

また、角栓が詰まることで毛穴自体が広がり、更に黒いのが目立つように。

 

解消方法は正しいクレンジング&洗顔!

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-28-19_No-00

この黒ずみを解消するには、まずは肌の汚れをしっかり取り除くことが大切です。ただし、しっかり取り除きたいからと一日に何度も顔を洗うのは逆効果。

洗いすぎて皮膚が乾燥すると、余分な皮脂が分泌され、結果、毛穴に詰まりやすくなるのです。洗顔は朝と夜の1日2回で十分。

特に、夜は一日の汚れをしっかり洗い流したいところです。

ところで、あなたはメイクの落とし方(クレンジング)に自信がありますか?正しいクレンジング方法は以下の通りです。

 

<正しいメイク落としの方法>

  1. クレンジング剤を手の平で温めた後、Tゾーンから乗せていき、次にUゾーンへと伸ばしていく。
  2. 手指の腹で力を入れずに優しく顔全体になじませていく。
  3. すすぐ時に使うのはぬるま湯。洗い残しのないようにしっかりと。

以上です。どうしてクレンジング剤を手の平で温めるのかと言うと、メイクとなじませやすくするためです。

肌の上を優しく擦らないように指を滑らせていくこともポイントのひとつ。ゴシゴシ擦ると、肌に傷が付いてキメが乱れたり、しわも出来やすくなるのです。

すすぐ水が冷たすぎると汚れが流せないし、熱すぎても、肌に必要な潤いまで流してしまうことがあります。必ずぬるま湯ですすぐこと。

すすぎ残したメイク汚れが鼻の毛穴に詰まる可能性はとても高いので、クレンジングは丁寧に行いましょう。

メイクを落としたら、次は洗顔料での洗浄に取り掛かりましょう。こちらも正しく行わなければ、鼻の黒ずみが悪化する原因にもなります。

 

<正しい洗顔の方法>

  1. 毛穴を広げるために顔に蒸しタオルをあてる。
  2. 顔全体を軽く濡らす。
  3. 洗顔料をよく泡立て、泡を押し付けるように顔に乗せる。
  4. 直接手指を肌に触れず、泡を転がすように優しく洗浄する。
  5. ぬるま湯で20回以上すすぐ。
  6. 清潔なタオルで肌を押さえるようにして水気を取り除く。

以上です。ここでは、1番目の毛穴を開く過程が一番のポイントです。

毛穴を予め開くことで、黒ずみの原因である角栓が取れやすくなるのです。

 

仕上げに保湿で毛穴を引き締める

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-27-21_No-00

正しいクレンジングと洗顔をした後は、素早い保湿が必須です。保湿が足りない肌は、肌細胞が縮んで毛穴が引っ張られ、開きやすくなってしまうのです。

化粧水はたっぷりと与えましょう。潤いが満たされると、開いた毛穴は目立たなくなります。

そして、その潤いを逃がさないための「蓋」として、乳液やクリームを仕上げに薄く伸ばします。これで、保湿は完了。

正しいクレンジング・洗顔、保湿の3ステップで、鼻の黒ずみ・イチゴ鼻を撃退しましょう!

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ