パックより洗顔が有効!鼻の毛穴を小さくする正しい方法

SnapCrab_NoName_2016-7-16_17-4-0_No-00

鼻の毛穴が目立つことで悩んでいる人は意外に多いのではないでしょうか。昔、鼻パックというシート式の鼻用パックを使った経験があるという人も、中にはいるでしょう。

しかし、このパックにはデメリットがあるのです。また、正しい洗顔方法で顔を洗わないと、鼻の毛穴は開きやすくなり、汚れも溜まりやすくなります。

今回は、鼻の毛穴に詰まった角栓を取り除き、小さくする方法について書いていきます。

 

鼻パックのデメリットは余分な角質層まで取り除くこと

SnapCrab_NoName_2016-4-9_9-34-31_No-00

上記に書いたとおり、鼻の毛穴に詰まった角栓や汚れを取り除くシートパックには、実はデメリットがあります。それは、「肌を保護する角質層まで取り除いてしまう」こと。

角質層には肌の水分を保持し、様々なアレルゲンや紫外線などから守るという役割があります。その役割を奪ってしまうと、肌の潤いを守ろうと皮脂が過剰に分泌されたり、新しい角質層をより強固なものにしようと角化が早まり、余計に毛穴に角栓が出来やすくなるのです。

 

シミ・しわが出来やすくなって「老けやすくなる」

SnapCrab_NoName_2016-4-9_9-35-51_No-00

手軽で、取れた汚れ(角栓)が目に見えてごっそり取れるため、気持ちいいと感じるかもしれませんが、鼻周辺の肌を保護している角質層まで一緒にはがしてしまっては悪循環です。外部からの刺激に弱くなった肌は、シミ・しわや、アクネ菌も増殖し、ニキビや吹き出物も出来やすい状態に。

つまり、老けやすくなるということです。

 

毛穴パックで更に毛穴が開く!?

SnapCrab_NoName_2016-4-9_9-37-4_No-00

そして、何よりも重要なのは、皮脂の過剰分泌や角化が早まっている状態では、毛穴が大きく開いてしまうということです。せっかく毛穴の掃除をしたと思ったら、今度はもっと汚れやすくなり、大きくなってしまうとは・・・。

痛い思いをしてはがす毛穴パックは、無駄な努力ということなのでしょうか。

 

大人の肌にはシートパックにメリットはない!?

SnapCrab_NoName_2016-4-9_9-38-27_No-00

ここまで悪評ばかりだと、シートパックにはメリットがないのか?と思うかもしれませんね。正直に言うと、メリットは「即効性がある」ということくらいでしょうか。

「今すぐごっそり汚れをすっきりしたい!目で見て実感したい!」という人には満足のいくものかもしれませんですが、問題はその後のケア。角栓と角質を取り除かれてしまった肌は、とても敏感です。

更に、開いた毛穴を素早く引き締めるのは困難です。いくら保湿しても、パックをはがした時点でそこには汚れが溜まっていきます。

はっきり言って、20代を過ぎ、弾力が失われつつある大人の肌には、このパックはきついです。使うたびにお肌が老化していくものと思っても大袈裟ではありません。

 

毛穴を小さくする方法は、正しい洗顔にあった!

SnapCrab_NoName_2016-4-9_9-39-45_No-00

シートパックは封印して、別の方法で鼻の毛穴をきれいにし、尚且つ小さくしたい。その方法は、「正しい洗顔」にあります。

ところで、正しい洗顔方法をご存知でしょうか。ほとんどの人が意識していないのではないでしょうか。

では、以下に洗顔のステップをご紹介します。

 

<正しい洗顔の手順>

  1. 蒸しタオルで毛穴を開く
  2. ぬるま湯で軽く顔の汚れを落とす
  3. 手をきれいに洗う
  4. 洗顔料を丁寧にきめ細かく泡立てる
  5. 肌に押し付けるように洗顔料をつけて洗っていく(直接肌を擦らない)
  6. ぬるま湯で最低20回はすすぐ
  7. 清潔なタオルで肌を押さえて水気を拭き取る
  8. 素早く保湿をする

以上です。保湿までが洗顔と思ってください。

全部手順通りに出来ているという人はいたでしょうか?ポイントは、「蒸しタオルで毛穴を開く」ことと、「直接肌に手指を触れて擦らない」ことです。

正しい洗顔方法を毎日続けて、気になる毛穴も目立たなく、小さくしましょう。目指せ、毛穴レスな肌!

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ